携帯電話の電波中継器について

自宅のWi-Fiが部屋によってつながりづらいなどの時は、Wi-Fi中継器を用いて広くカバーするということが可能です。

同じように自宅の部屋によっては、携帯電話の電波が届かなくてつながりにくいということもあります。
この場合、Wi-Fiと同じく中継器がなのかという発想があるかもしれません。

Amazonのサイトを調べてみると、「携帯電話信号ブースター」などの商品が見受けられます。

しかし、これは「電波法違反」になります。

Wi-Fiについては、Wi-Fiに割り当てられた周波数の範囲で出力が基準以下の機器については、免許不要で使用できることになっており、市販されている製品はその基準に当てはまるため、個人で設置・使用ができます。


しかし、携帯電話の電波の周波数は免許を受けた携帯電話会社のみが使用することが可能で、出力が小さい場合でも個人で設置・使用することはできません。
実際に、違法な中継器により通信障害が発生していることがあるそうです。

携帯電話の電波状況が良くない場合は、携帯電話会社に連絡して、改善を依頼するようにしてください。


くれぐれも、個人で携帯電話中継器を購入し、設置することはしないでください。


「携帯電話会社以外の方がこれらの装置を設置し、運用した場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる場合もあります。(電波法第110条第1項)」

携帯電話の電波を中継する装置について : 総務省関東総合通信局

前の記事

SNSについて