AirDrop痴漢について

先日、AirDrop痴漢を行った男が書類送検される事件がありました。
ニュースでも取り上げられ、このことを知った方も多いと思います。

AirDropとは、iPhoneやiPadなどのApple端末に搭載された機能で、BluetoothとWi-Fiをオンにした状態でBluetoothとWi-Fiの通信範囲内にある他のApple端末と写真や書類などのコンテンツを共有出来る機能です。
これは、外部サーバなどを介さず直接コンテンツのやりとりをできるため、とても便利な機能です。

しかし、これを悪用して今回のAirDrop痴漢のように見知らぬ相手にいかがわしい写真を送り、受け取った相手の表情を見て楽しむなどの犯罪が発生しています。
これは、今回初めて発生して訳ではなく、以前からもよく言われていました。

被害に遭わないようにする方法として、AirDropの設定を変更することがあります。

設定画面の「一般」→「AirDrop」画面で「すべての人」から「連絡先のみ」や「受信しない」に変更します。
これにより、見ず知らずの人から写真などを送られることはなくなります。
もし、連絡先にない人と写真などを共有したいときは、そのときに「すべての人」に変更し、終わったら元に戻すことで対応出来ます。

AirDropでもう一点気をつけなければならないことは、共有できる端末の名前(「xxxxxのiPhone」など)がそのまま見ることができるということです。
大抵、AppleIDと紐付けているため、使用者の名前が出てしまっている状態となっています。

これについても、設定で端末の名前を変更できます。
設定画面の「一般」→「情報」で現在の端末の名前が見えるので、「名前」をクリックすると端末の名前を変更することができます。
この名前を、自分にしかわからない内容(ランダムがベスト)に変更することにより、個人の名前などを特定出来ないようにできます。

この端末の名前は、インターネット共有を利用する場合も同じで、インターネット共有をオンにすると、Wi-Fiで端末名が見える状態になります。
このことからも、忘れがちですが、端末の名前は購入して使用を始めた時点で変更をしておいた方がよいです。

AirDropに関しては、Macでも使用可能なため、Macも同じような対応をしておく必要があります。

対応を行うようにして、AirDrop痴漢にあって不快な思いをしないようにしてください。

iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う : Appleサポート

Mac で AirDrop を使う : Appleサポート

iPhone、iPad、iPod の名前を変更する : Appleサポート