台風被害に便乗した詐欺、悪質商法に注意

台風15号により被害に遭われたかた、今も停電など被害に遭われている方にお見舞いを申し上げます。


幸い、同じ千葉県に住んでいますが、私の所は進路のわずかでも西側だったため強風に見舞われたものの、停電などの被害はは発生しませんでした。


今回の台風は大きさはコンパクトながら勢力が「とても強い」であり、かつ速度も速かったため、接近して急に風雨が激しくなったという特徴がありました。
気象庁の事前の会見で「風景が一変するような台風」といって警戒を呼びかけていたその通りになってしまいました。
勢力が強い上に速度が速く、ちょうど東京湾を通ることにより東京湾の海水温の高さで勢力が衰えずに千葉市に上陸したということで、進路の東側(右側)の房総半島は強烈な南風と台風の速度が重なって、猛烈な風が吹いて今回のような甚大な被害が発生して終いました。

地球温暖化の影響でしょうか、今後も日本列島に近づくまで台風が勢力を衰えず、それよりも勢力を増して接近、上陸することが多くあると思われます。
進路の東側(右側)にあたる地域では、豪雨や猛烈な風に注意しなければならないと思いました。

まだまだ復旧までに時間がかかっている千葉県北東部から南部ですが、この被害に便乗しての詐欺や悪徳商法が発生しているということです。

・被害に便乗して、市役所や警察を名乗った電話de詐欺
・市役所からの要請を受けてきた、と偽って被害状況調査や修理を行おうとする業者
などの情報があり、千葉県や警察から、このような被害に遭わないようにとの注意が流れています。

市役所などから、業者に調査や修理依頼をしている事実はないとのことです。
また、このような業者は手抜き工事や関係無い所の工事をしたりして、高額請求をしたりします。

「早くどうにかしてほしい」とは思いますが、詐欺や悪徳商法の被害にあわないよう気をつけてください。

災害に便乗した悪質商法にご注意ください : 千葉県